セルフ・キャリアドック

セルフ・キャリアドックとは

セルフ・キャリアドックとは、企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティン グ面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み、また、そのための企業内の「仕組み」のことです。(厚生労働省:「セルフ・キャリア」導入の方針と展開)

 

簡単に言うと、

企業が、社員一人一人にキャリアコンサルタントによるカウンセリングを受けさせて、今までの職業経験から能力やスキルを棚卸して、振り返ることで、自分の能力やスキルを確認し、今後の働き方に活かしていく制度のことです。

 

この制度を社内で取り組むことで、企業にも社員にもメリットがあるとされています。

 

職場環境の改善化

離職率の低下

復職率の向上

 

社員のモチベーションアップ

社員の能力開発、意識向上

将来の目標の設定

 

セルフ・キャリアドックの進め方

キャリア研修

なぜ、キャリアコンサルティングを受けるのかという意識付けを行う目的もありますが、自身のキャリアについての理解を深める機会としても有効です。

キャリアコンサルティング

 

 キャリアコンサルタントによる1対1の面談を行います。

①自分自身の理解

②仕事経験の棚卸し

③ありたい自分とは何かを考える

④③を実現するまでの行動を決める

⑤④に基づいて取り組む

フォローアップ

キャリアプランに基づいて、行動できているかどうか、問題や課題も含めて組織全体で定期的に見直しを行います。



セルフ・キャリアドック導入の流れ

セルフ・キャリアドックをジョブカードを用いての制度化する場合に「人材開発支援助成金 キャリア形成支援制度導入コース」を活用することができます。その場合の、導入と助成金申請の流れは以下の通りになります。

 

人材開発支援助成金 キャリア経営支援制度導入コースについてはこちら

インターネットテレビ「はたらく私の情報局」#16

自身のスキルの棚卸しをすること、今までの自分の職業経験を見直すことの大切さを語っています。
終身雇用制度が崩れつつある中で企業としてできることは、社員一人一人の能力開発の機会を与えることも大事です。